代謝 良し悪し 見分ける 方法

自分の代謝の良し悪しを見分ける方法とは?

自分が現在、代謝が良い状態にあるか、それとも悪い状態にあるのか?
何も意識しないのであれば、実際には見分けることは難しい問題ではあります。
ですが、自分の代謝の良し悪しに目を向けてチェックしようとすれば良いか悪いか見分けることは難しいことではありません。
意識するかしないかというのが見分けることにとても深く関係してくるわけです。

例えば、代謝のチェックに使えるのが“肌チェック”です。

 

自分の代謝の良し悪しを見分ける方法とは?

怪我をしたときの治るまでの期間、それから日焼けをしたときの肌が元の色に戻るまでの期間など、シミなどと違って治そうと意識しなくても勝手に治っていくものが完治するまでの期間、それの長短で判断が可能となります。
とはいえ、年齢によって治るまでの期間は変わってきますし、怪我の種類、深さによっても治る期間というのは変わってきます。
とはいえ、あまりにも時間がかかりすぎている場合には気づくことができるほど、代謝が落ちていると完治するまでの期間が長くなるものです。

 

こういった肌の治癒度にくわえ、女性であれば月経不順が起きていないか?

 

男女ともに共通しているものであれば、便秘もあげられます。

代謝が深く関わってくるポイントはたくさんあります。
そのうちの全てがおかしいというわけではなくても、いくつかに違和感を覚えたら代謝が落ちているということを疑い、対策をとっていかなければなりません。
上記の状態であればまだ代謝が落ちたことが原因で起こる体の不調の中でもごく軽度の、あくまで“サイン”程度のものですから早く気づけたことになります。
気づけたら放置せずに食事や生活習慣などを改善して代謝をあげる努力をしていきましょう。

 

体質を諦めない!代謝を上げれば痩せられる!

 

代謝1つで痩せやすい体・痩せにくい体というものが出来上がってしまいます。

代謝が落ちていれば、その分体内の余計な脂肪を燃焼させることができなくなってしまいますので、ダイエットが成功しづらい体質になってしまいます。

基礎代謝量というのがありますが、これは特に運動をするわけでもなく、ただ毎日生活しているだけ、朝起きて、食事をして学校なり仕事なりに行き・・・という生活をしている上で消費されるカロリーがどれくらいかというものをあらわしたものになります。

基礎代謝が下がってしまうと、1日に消費できるカロリーが非常に少なくなってしまいますし、そうなれば当然運動しても消費できるカロリーが代謝が高い人に比べて低くなってしまいますから、痩せるためのカロリー消費ができなくなってしまいます。

 

自分の代謝の良し悪しを見分ける方法とは?

摂取した脂肪を、体外に排出する、または体内で燃やす機能が正常に働いていないわけですから、食べたらそのまま摂取したものは脂肪として体内に留まることになってしまいます。つまり、それが重なることで太ってしまうわけです。

 

反対に、代謝が良いのであれば摂取したカロリーも体内で燃焼され、太りづらい体質のままでいることができます。

 

体質は、生まれたときのままであるわけではありません。
代謝を上げる生活を目指すことで、代謝をあげていくことは十分に可能です。
つまり、生まれつきの体質で太りやすいからダイエットは諦める・・・という必要は全くないのです。
体質は変えていけます。
太りやすい体質を太りにくい体質、基礎代謝を上げるサプリメントなどを活用しても良いので痩せやすい体質へ変更していくよう意識して生活することで十分可能ですから、体質を諦めることがないようにしましょう。

代謝が落ちる理由として最も最初に挙げられるもの、そしてどうしても抗えない原因が存在します。
それが、年齢により代謝が落ちていくということです。

年齢を重ねていくにつれ代謝は下がっていく

代謝というのは、10代後半になると急激にアップしていくものですが、それ以降はアップすることはまずなく、加齢によってどんどん下がっていってしまうものなのです。

 

これは、代謝を意識して健康的な生活を行っている人でも下がっていってしまうものであり、下げずに代謝を正常なまま維持するのはとても難しいことです。

 

反対に、どんどん下げてしまうことは非常に簡単であり、不摂生な生活をしていればすぐに下げることができてしまいます。
それに加齢が加われば尚更です。

 

加齢によって、血液や筋肉などの体内年齢が上昇してしまうことが代謝をどんどん下げてしまう原因になるわけですが、20代であればまだそこまで対策に急ぐ必要はありませんし、焦る必要もありません。
30代と比較すれば代謝が落ちる度合いは非常に緩やかだからです。

30代を迎えた途端急激に代謝が落ちていくものなので、年齢で代謝が落ちてしまうのは仕方ないとしても、その度合いをできる限り緩やかにできるように努力することが重要となるのです。

 

年齢を重ねていくにつれ代謝は下がっていく

ただ、年齢を重ねても年齢不相応の健康で若い筋肉や血液を持っている人であれば、年齢を重ねたとしても代謝の落ちがそこまで急激ではなかったり、若い頃とさほど変わりがないという場合もありますので、日ごろから血液や筋肉の質に意識を配ることで急激な代謝の悪化を防ぐことは可能であるとも言えます。

続きを読む≫ 2014/11/25 18:36:25

代謝が下がるとこういう悪い影響が体に起こる・・・などと悪い点ばかりに目をつけていると何となく焦り、焦燥感といったものや不安が大きくなってしまうことと思います。
だからこそ、視点を切り替えて代謝が下がっていくのをストップし、代謝をアップすることでどんなメリットがあるのかを考えてみましょう。

 

こんな良いことがあるのか!と理解できれば、下がっていく代謝に歯止めをかけ、上げていこうとする意欲が湧くものです。
代謝に関しては、メリットとデメリットが分かりやすく、メリットのまさに反対の働きがアップ・ダウンによって現れるものなので、メリットを知ることはそのままデメリットを理解することにも繋がるので非常に分かりやすいとも言えます。

 

例えば全身の細胞を生まれ変わらせるのは代謝の働きになります。

代謝がアップすれば肌が正常なターンオーバーを繰り返してくれるのでキレイな肌を保つことが可能になります。
怪我をしても早く治り、痕も残らない、日焼けをしてもシミができない、そんな肌を作り出すことが可能になります。
また、細胞は肌だけではありません。

 

内臓に関しても細胞が存在し、その細胞を活性化させるのも代謝の働きによるところが大きいのです。

 

代謝アップのメリットを知れば代謝ダウンのデメリットも見えてくる

血管や血液そのもの、そして体内にある臓器全てが代謝の働きで健康的な状態に維持することが可能となります。
そうすれば様々な内臓系の病気、そして内臓に脂肪がついてしまうことを避けられるようになります。

つまり、隠れ肥満を防止することもできるわけです。

もちろん、隠れ肥満だけではなく代謝が上がれば脂肪燃焼効果も高まりますから通常の見える部分のダイエットに関しても可能になってきます。

 

代謝を上げることは難しいようでそこまで大変なことではなく、上げられれば外からも中からも健康で美しい体を手に入れることができるのです。

続きを読む≫ 2014/11/25 18:36:25

代謝が落ちてしまうと体にはどんな影響が出てくるのかということはご存知でしょうか?

 

比較的たくさんの人が認識しているのはダイエットに成功しづらい体質になるということではないでしょうか?
代謝が下がってしまうと、脂肪を燃焼させる力がなくなってしまうので、体内の余計な脂肪を体外に排出することができず、痩せることが難しくなってしまうのです。

 

ですが、それだけではなく代謝が落ちるということは人の体に様々な影響を与えてしまうのです。
美容にもそうなのです。

 

代謝が落ちるということは、皮膚の細胞の生まれ変わりも難しくなってくる、サイクルに異常をきたす原因となります。

 

代謝が下がることで体には様々な大きな影響が?!

例えばシミや日焼け、色素沈着などがあった場合、代謝が正常な状態であれば皮膚の生まれ変わりのためのターンオーバーが当たり前に行われ、軽度のものであれば皮膚の生まれ変わりが行われることで元のきれいな肌に戻すことが可能となります。
ですが、これが代謝が落ちてしまっていると皮膚の細胞が正常なサイクルで生まれ変わることができなくなってしまいますので、シミや日焼け、色素沈着がなかなかなくならない、または肌のざらつきやくすみ、いちご鼻などが悪化してしまう場合もあります。

 

便秘に関しても代謝が深く関係していますし、むくみも代謝が低下しているがゆえに体内の余計な水分を排出できないから起こるものであり、美容の敵と代謝には非常に深い関係があると言えるのです。

 

代謝が落ちることで体に良い影響を与えることはまずありません。
上記の影響だけを見れば女性ばかりに悪い影響、気になる影響を与えるもののような気がしますがそうではなく、髪の質も悪くなり、髪が正常に抜けて育つことができないせいで薄毛に悩まされる可能性だってあるのですから男性も人事ではありません。

 

男女共に、健康・美容の観点から代謝が下がることで体に与えられる影響は大きいと言えるのです。

続きを読む≫ 2014/11/25 18:36:25

代謝が関わる問題で、1番重要視しなければならないとも言えるのが“血液・血管”と代謝の問題です。

 

血と代謝というのはお互いに支えあっているような関係にあり、血液が健康であれば代謝を上げることが可能となりますし、代謝が上がれば血液の質もアップするという相互関係にあるわけです。
つまり、反対の表現をするなら血液が不健康なら代謝も下がり、代謝が下がれば血液の質も悪くなっていくという悪循環に陥る関係にあるとも言えます。

 

代謝と血液の切っても切れない重要な関係

血液の質が悪くなり、また血管も硬くなってしまい血流に問題が生じれば代謝が下がっていき、不健康な体になってしまいますし、もちろんそれだけではなく合わせて代謝が下がることによってむくみなどが生じたり、動脈硬化、脳梗塞など血管や血流が関わってくる重大な病気を引き起こすリスクがグンと高くなります。

 

代謝が下がれば、血液の質や血流も悪くなっていきますので、どんどん代謝が悪くなっていきます。

 

そうなれば皮膚や髪の質がいきなり落ちたり、便秘になったり、ダイエットがなかなかうまくいかないなどといった美容面に関する問題も生まれてきますし、健康面に関しても貧血気味になったり冷え性の症状が悪化したりという症状も目立ってきます。

 

血液をサラサラにして、代謝を上げる手助けをするという役割を血液に担ってもらうことで、代謝をアップさせるのが多少なり簡単になり、代謝がそれで少しずつアップしていけば自然と血液の質も向上していくものなのです。

 

切っても切れない関係にある血液と代謝の関係に着目し、上手に代謝アップを心がけましょう。

続きを読む≫ 2014/11/25 18:36:25

これは特に女性に多いのですが、代謝を落としてしまう原因の1つにダイエットがあります。
とはいえ、運動をしてのダイエットであれば全く問題はありません。

運動することで代謝はあげることが可能となりますから、運動するダイエットであれば代謝の面からすれば何も問題はありません。

ですが、最近のダイエットは運動をする面倒から解放されるために“一定のものしか食べない”とか、そもそも“食事制限を行ってとにかくカロリーだけを落とそうとする”というダイエットが流行してしまう傾向があります。
これが良くないのです。

 

人はある程度はエネルギーを必要するわけですし、食べ物からとれるカロリーを使ってそのエネルギーを作り出しています。
それが摂取できないとなれば、体に異変をきたすのも当然のことです。

食事制限をすることでカロリーの摂取量が減るので、確かにダイエット自体は成功するでしょう。
ですが、そこで減っているのは脂肪だけではなく、筋肉も含まれています。

 

つまり、代謝をあげるのに必要な筋肉が失われてしまうということになり、筋肉が失われてしまえば代謝は落ちていく一方なのです。

 

代謝を上げるも下げるもダイエットの方法1つ

体から自然に筋肉が落ち、それによって代謝が下がってしまうばかりでなく、食事をとらないことで脳は“この体は飢餓状態にある”という信号を送ってしまいますので、できる限りエネルギーを消費しない、つまり代謝を極限まで下げてしまう信号を体全体に伝えてしまうのです。

 

脳が代謝を抑えてしまったらこれはもうどうすることもできません。
ダイエットだって代謝が下がってしまえば痩せにくくなりますし、キレイに痩せることは無理であると言えます。
食事制限をしても、キレイに痩せることはできず、やつれることになります。
筋肉はそげ、極端な言い方をすれば骨を皮だけになってしまい、もちろん体力も落ち不健康な状態になってしまいます。

 

ダイエットの方法1つで代謝を上げることも下げることもできるということを知っておきましょう。

続きを読む≫ 2014/11/25 18:36:25

人の体内には自律神経というものがあります。
名前だけでも耳にしたことがある人は非常に多いと思いますが、実際にどういうところで役立っているのか全て知っている人は少ないものです。

 

ですがこの自律神経は、人が呼吸をしたり、そもそも心臓を動かすこと自体など、人が生きていくために重要な体の中の主な働きをコントロールする役割を持っているものなのです。

 

代謝を落としたくないなら自律神経を守ること

普段の生活が夜型だとか、朝型だとかという普段の生活に関しても、その習慣自体が自律神経にインプットされてしまっており、脳が“それでいい”という意識を持ってしまい、本来ではそれでは良くないにも関わらずそのまま生活を続けてしまうことで自分でも気づかぬうちに自律神経が乱れを見せ、体調に様々な変化をもたらすようになります。
もちろん、その変化というのは決して良くないもので、できれば回避したい変化のことです。

 

そういった変化が現れていくと同時に、それがいつまでも改善されないとなると代謝が落ちはじめ、体が活発に動くこと、健康的に生きることができなくなってしまい、最終的には代謝が落ちてしまうことが原因となる様々な体のトラブルにつながってしまうのです。

つまり、代謝がよければ脂肪の燃焼が促進されますから、その代謝をあげるためには夜型ではなく昼型の生活をするべきであると言えるわけです。

 

わざわざ運動などをしなくても、朝に起きて昼間の間普通に生活しておけば交感神経が働きだし、代謝をあげていくことが可能になるため、自律神経が原因となり代謝が下がってしまうのを防ぐのであれば、とにかく夜型の生活をやめ、朝起きて夜寝るという本来の人間の生活スタイルを取り戻すことです。

 

夜型の生活を続けてしまうこともよくありませんが、それと同じくらいストレスもよくありません。

 

代謝を落としたくないなら自律神経を守ること

ストレスが溜まりすぎることで自律神経が傷つけられ、身体的にも精神的にもまいってしまうなどという人がいますが、ストレスなどを溜めすぎることなどで自律神経が、乱れさせられ代謝を落としていってしまうことをきちんと理解し、ストレスは一定の度合いまで溜まったら解消することを考える、そして昼に行動して夜は休むという生活を意識するようにしましょう。

続きを読む≫ 2014/11/25 18:36:25

アトピーや花粉症などのアレルギーというのが、実は代謝を下げる原因になっている場合が考えられます。

 

注目すべきは免疫力の低下

というのも、アレルギーを持っている人は多かれ少なかれ免疫力が低下しているため、それと同時に代謝も下がってしまっている人が多いからなのです。
そもそも、アレルギー症状の種類によっては代謝が低下しているせいで症状が現れているというケースもあるのです。

 

このように、アレルギーと代謝の低下にはとても深い関係があるのです。

 

これと同様に、アレルギーだけではなく病気にかかっている人や、病気にかかっていて薬を服用している人なども免疫力が低下しているため、代謝が落ちやすいと言われています。

 

つまり、アレルギーがあるから代謝があがらないとか、薬を飲んでいるから代謝が上がらない、代謝が下がってしまうというわけではなく、全ては免疫力に関係していうということになります。

 

免疫力が正常であるか、弱っているか?という点で代謝のアップ、低下に深く影響してくるということになります。
免疫力は健康な体を維持することではもちろん、体温をあげることでもアップさせることができるものです。

体温が1度下がると免疫力が30%下がるなどといわれているのですが、反対に考えれば1度上げれば免疫力を30%あげることができることにもなります。

 

体を冷やすことなく温めることでも体温を上げることは可能です。
アレルギーがあって免疫力が下がっている人でも体温をあげることで免疫力をあげ、下がってしまっていた代謝を再びあげることができるのです。

 

免疫力と代謝のアップ・ダウンには深い関係があるということ、そして病気やアレルギーそのものは代謝のアップ・ダウンには関係ないのです。

続きを読む≫ 2014/11/25 18:36:25

代謝が落ちる理由に筋肉量が関係していることは比較的広く知られているところではないかと思います。

筋肉量が低下してしまうと、代謝が落ちてしまい、脂肪が燃焼できなくなったり、体温が低くなったりしてしまうのです。

そうなると、ダイエットもできない上に、便秘になってしまったりなど健康への被害も危惧される体の状態になってしまいます。

 

代謝が落ちる原因でも特に多い原因の1つになりますし、まずダイエットをして代謝が落ちた場合は無理な食事制限などにより筋肉量が減ってしまったことが理由として考えられますから、筋肉の量は減らさないように気をつけなければなりません。

 

筋肉量の低下を防ぎ代謝を落とさないようにする

難しいところなのが筋肉の量が減ると実際に体重が減るのでダイエットに一見成功したように感じられてしまうことです。
“体重は減ったけれどダイエット自体には失敗している”といわれてもピンとこないのではないでしょうか?
体重は目に見えるものであり、その体重が減っていればダイエットが失敗していると言われても信じられないのは当たり前のことです。

 

ですが、筋肉量が減ってしまい代謝が落ちてしまったということは結果的にはダイエットが失敗しているということになる、その点も間違いではありません。
ダイエットに成功して痩せられているのではなく、ただ不健康にやつれているだけであることを理解するには体重計で筋肉量まで確認できるものを使うことです。

 

プロの指導もと行うのであれば話は別ですが、食事制限を自己判断で行ったダイエットの場合には大半がやつれた痩せ方をしているだけであることをきちんと理解しておくこと。
それが何より代謝を下げる原因となる筋肉量の低下を防ぐ方法になります。

続きを読む≫ 2014/11/25 18:35:25